Exciteホーム | ism トップ | サイトマップ
エキサイトismトップ奄美、夏時間。
基礎知識
奄美大島は鹿児島の南約380kmに位置し、鹿児島県に属する。面積は712.09km2で、日本の島では沖縄本島、佐渡島に続き3番目に大きい。第二次世界大戦後は一時アメリカの統治下に入り、1953年(昭和28年)に日本復帰。名産品は大島紬、黒糖焼酎、ざらめなど。名物料理は鶏雑炊風の鶏飯(けいはん)など。最近ではアーティストの元ちとせの出身地としても知られている。島の政治・経済の中心は名瀬(なぜ)市。


アクセス
奄美大島への直行便は羽田から日本航空が1日1便、大阪・伊丹空港から日本航空が1日1〜2便、鹿児島から日本航空が1日4〜5便、日本エアコミューターが1日1便、沖縄から琉球エアコミューターが1日1便。そのほか、奄美群島内のフライトもある。空港は島の北東に位置し、名瀬まで車で約40分。船便は東京からマルエーフェリーが月6〜7便、神戸から大阪経由のマルエーフェリーが月6〜7便、鹿児島からはマリックスラインとマルエーフェリーが毎日交互に運航。いずれも沖縄行きの途中寄港。名瀬にある新港に着く。
※上記はいずれも2005年8月と9月のスケジュール


気候と服装
亜熱帯気候に属し、年間平均気温は約21度、平均湿度は約75%の高温多湿。梅雨は本州などより1ヵ月早く5月初旬から6月下旬まで。7〜8月は台風シーズンとなる。冬でも10度を下回ることはほとんどないが、1〜2月の最低気温は11度ぐらいなのでちょっとした防寒着が必要。


写真家プロフィール
フォトグラファー
鈴木教雄(すずきのりお)
独特の質感を持つ写真を武器に、広告・雑誌・CDジャケット撮影等で活躍中。写真集に『24人の加藤あい』(アスキー)などがある。鈴木教雄オフィシャルページはこちら
奄美大島マップ


石を抱き込んで成長したガジュマル


豊年祭には各地で相撲大会が催される

 
撮影/鈴木教雄 文/服部淳 デザイン/スフィーダ株式会社
トップ島唄焼酎自然・生物ブログ旅行便利帳プレゼント || NEXT
撮影/鈴木教雄 デザイン/スフィーダ株式会社