一覧へ戻るリンク集
コンシェルジュの愛用品 08
アラビア社の工場限定マグ
img イズムコンシェルジュ
「カフェ」
山村光春プロフィール
エディター

どうしてもヘビロテになってしまう

 「そんなにたくさんあってどうすんの!」と、子どもの頃だったら親に叱られ、結婚していたら嫁にイヤミを言われたりするに違いないってくらい僕の家にはマグカップがマウンテンほどある。僕は幸い(?)どっちでもないので、「あ、よさげ」と、どこかで好きな感じのマグを見つけてもそれをたしなめるのは、もうひとりの堅実なほうの自分しかない。でもあらかたは、物欲魔のほうの自分が完璧な勝利をおさめるので、どんどこまでもマグコレクションは増えていってしまう。言い訳じゃないが、僕はどれもちゃんと愛用している。毎朝のコーヒーはできるだけローテーションで回し、まんべんなく愛を降り注ぐようにはしている。でもでも、どうしてもヘビロテになってしまうのは、ARABIA(アラビア)のTEEMA(ティーマ)。

 持ち手とか、飲み口とか、手と口が触れる感じもそうだし、重さや大きさといった佇まい的なこともそうだけど、とにかく過不足がない。すべてがしかるべきところに収まってる。だからたくさんある中で、無意識に思わず手がいってしまう。そんな感じ。

 そして僕的に超ささってるポイントは、ぐるり全面にあしらわれたプリント。ARABIA創業以来の歴代ロゴがプリントされていて、ロゴ好きとしては、タマランうれしさ。これ「FACTORY VISIT MUG」と言って、フィンランドのヘルシンキにあるARABIAの工場にしか売られていない。とても貴重。だから自慢(笑)。

 もちろん、裏も今はなきARABIAの王冠ロゴ。洗ったあとすら愛おしい。

 そういうことくらいで、やすやすといい気分になれるんだから、まだかわいいもんでしょ。ね? な? だろ?(←同意を得たいばかりにやさぐれていくようす)

データ
ARABIA FACTORY VISIT MUG
お問い合わせ:Arabia factory shop
tel.+358 (0)204 39 3507
photo3
photo3
photo3

関連リンク