週刊!エキサイト Weekly エキサイト
2004/3/9 Vol.139
週刊!エキサイトTOPはこちら エキニュー総研 知っておきたいニュース 知らなくていいかもニュース マンガ
エキニュー総研 エキニュー総研スタッフ
今週のテーマ  忘れじの80'sカルチャー
「ゲームブック」が復活の兆し!?
2 調査リポート1: 「ゲームブック」ってナニ?

マッキー
 マッキー
 
  さて。所長の気まぐれにより、34ものゲームブックをプレイする羽目になりました。……しかし、ワタクシにこの依頼をしたのは正解でしたな。たった1週間で、廃刊となったこれだけのゲームブックを集め、かつ、これだけしっかり目を通すことができる天才所員は、他にはいないでしょうからグググググ(笑い声)。少々手がかかりましたが、平凡なみなさんに解るように説明するのが、天才の努めだと認識しておりますので。いやー、まったく、天才はつらいですなグググググ(笑い声)。  
●「ゲームブック」はコレのこと!

「ゲームブック」と聞いて、「名前は聞いたことあるんだけどなぁ……」という凡庸な記憶力しかお持ちでない方のために説明しておきます。
「ゲームブック」とは、いくつかの選択肢を選ぶことによって、数百にも及ぶパラグラフ(文章の塊のようなもの)をたどって物語が進んでいくという、読者参加型の小説のことです。読み進めていくうちに、モンスターが現れて戦闘したり(主にサイコロを使います)、迷路に迷い込んだり(たどった道を覚えておくために、紙と鉛筆で「マッピング」することが必要になったりします)、と、実にさまざまなイベントが待ち構えています。上手に選択していけば正しい結末にたどり着けますが、時には間違った結末、または「DEAD END」(つまり「ゲームオーバー」)もあり得るというわけです。
……アララまだわかりませんか? それでは実際に、ちょっとだけ架空の「ゲームブック」をプレイしてもらいましょうか。「ゲームブック」のページはこんな感じになっています。

※架空のゲームブックの一部を再現しています
 
「ゲームブック」には、このような「パラグラフ」(図1)と呼ばれるものが連続してあります。あなたは、自分自身の選択によって、こういった「パラグラフ」間を行き来することになるのです。ちなみに例でのマッキーは、どうやら迷路に迷い込んでいるようですな。これは「マッピング」(迷路を記録しておくこと)(図2)が必要。上の文章を正しく「マッピング」をすると、図2のようになるはずです。

「マッピング」すると、自分の位置がグッとわかりやすくなります。さて、とりあえず東(321)を目指してみましょうか。

おっとモンスター登場! これが戦闘パラグラフです。卑怯にも不意打ちを仕掛けてきた、憎っくき「ミャーショチョー」と戦いましょう。(図3)
まず最初に、あなたはマッキーの技能ポイントと体力ポイントを確認しなければなりません。この「ゲームブック」を始める際に、サイコロで決めたポイントです。これは例ですから、とりあえず「技能ポイント10、体力ポイント10」だった、ということにしておきましょうか。

1.戦闘にはサイコロを使用します。パラグラフでは「ミャーショチョー」からの攻撃ということになってますので、敵の攻撃力から決定しましょう。
サイコロは「5」。その数字に技能ポイント(8)を足します (=13) 。

2.次に振ったサイコロがマッキーのポイントです。「2」が出ました。マッキーの技能ポイントと足した数字が「防御力」ということになります(=12)。

3.そして、敵の攻撃力(13)から、マッキーの防御力(12)を引いた数字が、マッキーの受けたダメージです。マッキーの体力ポイント(10)から引きましょう(=9)。ゼロになりませんでしたので次に攻撃できます。

4.次はマッキーの攻撃です。サイコロを振って、マッキーの技能ポイント(10)に足して、攻撃力を決めましょう。「6」が出ました(=16)。

5.そして同じく敵の防御力を決めます。サイコロで「4」が出ました(=12)。

 
6.マッキーの攻撃力16−敵の防御力12=4。この数字が敵のダメージとなります。敵の体力ポイントから引いてください。「ミャーショチョー」の体力ポイントがゼロになりました。あなたの勝利です。「30」に進みましょう。次の展開が待ち構えています。
敵モンスターが弱かったので運良く楽勝となりましたが、マッキーの体力ポイントがゼロになったなら、あなたの負け。「4」に進むと、右上のようなパラグラフがあなたを待っています(図4)。

これがいわゆる「DEAD END」と呼ばれる結末です。このパラグラフにたどり着くと、「ゲームオーバー」ということになります。1ページ目からやり直しましょう。直前のパラグラフのページに戻って「やり直す」という、禁断ワザ"必殺 指はさみ"はダメですよグググググ(笑い声)。
2調査リポート1:続きを読む