週刊!エキサイト Weekly エキサイト
2004/3/2 Vol.138
週刊!エキサイトTOPはこちら エキニュー総研 知っておきたいニュース 知らなくていいかもニュース マンガ
エキニュー総研 エキニュー総研スタッフ
今週のテーマ  5サイト連動 ゴミから見る世界
これはどこから流れてきたの? ビーチコーミングに挑戦
これはどこから流れてきたの? ビーチコーミングに挑戦
ナキャノ 「お宝をゲットするかも!?」という
ワクワク感、ドキドキ感がたまらない!

「ゴミから見る世界」をテーマに、5つのサイトが激突!! 今回、われわれエキニューチームはいちばんロマンある(はず)の海辺でゴミ拾い、いわゆる“ビーチコーミング”に挑戦した。遠い国からどんぶらこ〜どんぶらこ〜……海岸に打ち上げられたゴミ1つにも、それぞれの物語がある。それはどこから流れてきたのか、そしてなぜ海を漂う運命となったのか!? 想像力をかき立てるビーチコーミングの世界にご案内!
全文を読む
調査報告書
1 研究会議: ゴミたちよ、おまえはどこから流れてきたの?
2 調査リポート1: 海は広いな大きなぁ――ビーチコーミングat茨城・河原子海岸
3
調査リポート2: ◎よく落ちているもの編
「海産物」「川から流れてきた木の実ほか」
4
調査リポート3:

◎人間もの編
ひも、ライター関連くつ、せともの物語を感じるタイプ

5
調査リポート4: ◎その他
グロ系、廃車、かもめ海の自然アート漂着した『屍体』を撮り続ける男、漂着物野球
5
調査リポート5:  岩村クンに何が起きた――5サイトで発表会は、ほとんどプロファイリングの世界!? 
5 研究報告: ゴミ拾いから何が見えたか

私たちが調査しました!
<br><br><b>ミャー所長</b> ミャー所長
地球某所にある猫島に住む研究者。島ぐらしのために世事にうといのが弱点。若者の流行風俗に多大なる関心を抱くが、たいがい的外れ。基本的にいつもお疲れ気味。年齢不詳。
ナキャノ研究員 ナキャノ研究員
風のように気ままに生きる自由人。ふだんは山にこもって読書三昧の日々を送る。物事を多角度から分析する真実の追究者でもある。
その他研究員
サト研究員 サト研究員
ライター。向上心、好奇心、ともに旺盛だが、熱しやすく冷めやすいのが弱点。失敗は笑顔で乗り切れると今だ信じている20ウン歳。
ヤエ研究員 ヤエ研究員
スノッブ気取りの東北人。ちょっと短気。流行ものへのコンプレックスが強いだけに、色々な方面へ常にアンテナを張っている。
タテヤマ研究員 タテヤマ研究員(通称タテケン)
関西大手芸能プロ・古木興業所属の現役芸人研究員。時事ネタに鋭くツッコんだり、物事を金勘定に置き換えるのは得意だが、肝心のギャグセンスは「?」。
ナキャノ研究員 ムネムネ研究員
夜は寝れず、朝は起きれないというダメな大人日本代表。立派な大人になることに夢見る31歳。くっだらないことを優先的に調査することに生きがいを感じている。
マッキー研究員 マッキー研究員
三度のメシより理屈が大好きな理論派研究員。たとえ相手が小学生でも、あらゆるディベート技術を駆使して論破するぞ。自慢のスクエア眼鏡がキラっと光れば反撃のサインだ。気をつけろ!
ムラコ研究員 ムラコ研究員
ライター。口は悪いが女性にはモテる30歳。デューク東郷に影響を受けたという、飄々としたハードボイルドな調査スタイルに定評がある。サブカルに強く、好きな妖怪は豆腐小僧。