週刊!エキサイト Weekly エキサイト
2004/1/6 Vol.130
週刊!エキサイトTOPはこちら エキニュー総研 知っておきたいニュース 知らなくていいかもニュース マンガ
エキニュー総研 エキニュー総研スタッフ
今週のテーマ  ライバルが少なきゃ可能性あり!? 新しい年にビッグな夢を
マイナースポーツで"日本一"を目指せ!
2 調査リポート1: 日本一を目指せるかもしれないスポーツカタログ
1:分類(テニス型・バレーボール型・その他、など) 2:発祥地・歴史 3:簡単なルール説明 4:競技人口 5:これから行われる大会・イベント情報 6:現在ランキング1位の人/チーム名

>> チュックボール/キンボール/フィーエルヤッペン >GO
>> トリットボール/アジャタ/パンポン >GO
>> スポーツチャンバラ/スポーツ吹き矢/ユニカール >GO
>> 雪合戦/クロッケー/タスポニー >GO
>> マウンテンボール/インディアカ/ラート
>> ペタンク/ディスクゴルフ/スピードボール >GO

初のチャンピオンはアナタかも!?
マウンテンボール MOUNTAIN BALL

詳細は
マウンテンボールのページ


1:ゴルフ型
2:兵庫県夢前町の爲則政好町長の提案がきっかけで1993年に誕生。夢前町でマウンテンボール協会が設立され、年4回の大会、月2回の例会、その他普及活動を行っている。また、兵庫県内外各地でも年1回程度大会が行われている
3:先の丸いクラブで樹脂製のボールを打ち、打数の合計の少なさを9ホールで競うゴルフ型のスポーツ。山の形をしたマウンテンホールや、ルーレットでマイナス点が付き、一発逆転可能なドリームホールなど独自のルールもあり。また、他のプレイヤーのボールに当たった場合も両者のボールはそのままの状態でゲームは続行する
4:約1万人
5:3月に東京で初の大会を開催予定
6:まだ全国大会が行われておらず、現在日本一はいない。初のチャンピオンになれる可能性あり!!

第4、第9ホールが「ドリームホール」となっていて、最大で3打数マイナスできる。一発逆転があり、勝負は最後までわからないのが面白いところだが、当てられたボールがホールに入った場合、打数を加えずホールインになる点なども、運やツキも味方にしないと勝てないというギャンブル的要素が強いかも。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★★★★★

羽根つきボールを素手でアタック!
インディアカ INDIACA

詳細は
社団法人日本インディアカ協会


1:バレーボール型
2:旧西ドイツで考案されたスポーツ。最初のインディアカは、1930年代末にケルンのスポーツシューレ(スポーツ学校)で行われている。その指導者はスポーツ教師のカールハンス・クローン氏だったが、彼は1936年ブラジルの伝統的なゲーム「ペテカ」をドイツに持ち帰り、その用具に改良を加えインディアカゲームを考案した
3:バドミントンと同じ大きさのコートで4人対4人で行う。ルールは基本的にバレーボールに準ずるが、羽根付きボールを使い、クッションの入った平たいボールの部分を素手で打つのが特徴だ。21点を1セットとして3セットマッチで行い、2セット先取したチームが勝者となる。得点はラリーポイント制
4:80万人くらい
5:8月に茨城県つくば市で世界選手権が開催
6:女子の部:千葉県四街道市の「アルファ」 男子の部:千葉市の「インパルス」、男女混合の部:埼玉県所沢市の「プラスワン」(2年連続チャンピオン)

バレーボールやバドミントン経験者が有利かと思われるが、4枚の大きな羽根が付いているためにボールのスピードが緩和されるうえに意図した方向に正確に飛んで行ってくれるので、性別や年齢、体力を問わず、誰でも容易にプレイできるのが魅力だ。直接手で打つために、よりコントロールし易く扱いやすいというメリットもある。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★★☆☆☆

くるくる回る不思議なスポーツ
ラート RHONRAD

詳細は
日本ラート協会


1:器械体操
2:1925年にドイツ人のオットーファイクさんが子供の遊び道具として作り出した遊具がスポーツ器具として発展。発祥地のルーン地方の名前をとり、ルーンラートと呼ばれるが、ルーンの発音が難しいため、略してラート(輪)と呼んでいる。第二次大戦中、日本では平衡感覚を鍛える道具として軍事学校で使われていたが、戦後に途絶える。1989年に長谷川聖修氏(現・筑波大学助教授)が留学先のドイツから持ち帰り、ニュースポーツ「ラート」として国内で普及を始めた
3:すべて個人種目で、直転、斜転、跳び越しの3競技があり、満点からの減点方式で採点。直転は、2輪を床につけて回転する競技。斜転は、1輪だけを床につけて、斜めに回転する競技。跳び越しは、ラートを外から転がし、転がしたラートの上を跳び越えたり、跳び乗ったりして、宙返り下りなどをする競技だ
4:約200名
5:特になし
6:筑波大学講師の本谷聡さん

コレは目が回りそう! 現在はヨーロッパ各国に広まり、1995年から2年に一度、世界大会が開かれているんだとか。ちなみに日本は今年、団体戦で3位という好成績を挙げた。遠心力や重力を利用して、宇宙遊泳的な非日常的な運動が体験できるようだが、三半規管に自信のない人には無理かも。とはいえ、実際に競技を見てみたい度はかなり高い。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★☆☆☆☆
2調査リポート1:続きを読む