週刊!エキサイト Weekly エキサイト
2004/1/6 Vol.130
週刊!エキサイトTOPはこちら エキニュー総研 知っておきたいニュース 知らなくていいかもニュース マンガ
エキニュー総研 エキニュー総研スタッフ
今週のテーマ  ライバルが少なきゃ可能性あり!? 新しい年にビッグな夢を
マイナースポーツで"日本一"を目指せ!
2 調査リポート1: 日本一を目指せるかもしれないスポーツカタログ
1:分類(テニス型・バレーボール型・その他、など) 2:発祥地・歴史 3:簡単なルール説明 4:競技人口 5:これから行われる大会・イベント情報 6:現在ランキング1位の人/チーム名

>> チュックボール/キンボール/フィーエルヤッペン >GO
>> トリットボール/アジャタ/パンポン >GO
>> スポーツチャンバラ/スポーツ吹き矢/ユニカール >GO
>> 雪合戦/クロッケー/タスポニー
>> マウンテンボール/インディアカ/ラート >GO
>> ペタンク/ディスクゴルフ/スピードボール >GO

雪国の遊びから世界のウインタースポーツへ!
雪合戦 YUKIGASSEN

詳細は
昭和新山国際雪合戦実行委員会


1:雪合戦
2:北海道壮瞥町の地域活性化のアイデアの中から、昔からの遊び「雪合戦」を競技化したルールを制定。1989年2月、70チームを集めて「第1回昭和新山国際雪合戦大会」を開催した
3:1チーム9名(試合出場は7名)で3分3セットマッチで行う。2セット先取で勝利。時間内に雪球により相手チーム全員を倒した時点、または相手のフラッグ(旗)を抜いた時点で勝ちとなる。雪球は1チーム1セット90個と制限されている
4:1万5000〜2万人
5:1月には壮瞥町で昭和新山国際雪合戦胆振予選が開催。本戦となる「第16回昭和新山国際雪合戦」は2004年2月21・22日に開催予定
6:世界一は北海道の南幌町の「ちーむよししげ」

雪合戦の楽しさが世界にも広がり、欧州選手権も行われるほど。シェルターで敵の雪球から身を守りながら攻撃のチャンスをうかがうなど、瞬時の状況判断力と巧みな戦術を生み出す知力が求められる。奇襲攻撃で敵陣のフラッグを奪うもよし、雪球で敵を倒し判定に持ち込むのもよし! 雪球は、壮瞥町が発明したタコ焼き器型の雪球製造器で作られる。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★☆☆☆☆

これがゲートボールの原点
クロッケー CROQUET

詳細は
Croquet HOMEPAGE


1:「芝生の上のビリヤード」と言われている
2:"PALL MALL"というゲームが16世紀に始まり、17世紀にフランスの貴族の間で流行した。その後イギリスで発展し、クロッケーの始まりとなる。世界に広まる過程において、アメリカン・クロッケーとアソシエーション・クロッケーの2つが存在するが、国際的には後者が国際ルールとなり、1989年から国際大会が定期的に開催
3:シングルとダブルスがあり。自分の打席にボールを1回打つことができるが、フープ(ゲートのこと)を通過すると1得点となり、もう1回打つことが可能に。他のボールに当てると、さらに2回ボールを打つことができる。ボールは2個ずつ(合計4個)使用し、自分のボールが6つのフープとペグ(杭)の合計26ポイント取得すると勝ちとなる
4:イベントなどを通じてクロッケーを体験した人は数万人いると思われるが、本格的に競技としてプレイしている人は100名程度
5:国内唯一のクロッケー公式コートがある国営昭和記念公園にて、毎月第3日曜日に無料体験できるスポーツ教室を開催中
6:2003年ジャパンオープンシングルス優勝は山田正明さん

単純にボールをフープに通過させるだけではなく、自分が打つボールのほかに3個のボールをコート上で有利に配置させるのがポイントだ。技術はもちろんだが、戦略と戦術が勝利に深く関係する。ちなみに、クロッケーをもとに日本独自に発展したのがゲートボール。また、近年ではゴルフ型のルールでおこなうゴルフ・クロッケーも発展してきている。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★★★☆☆

安全なスポンジボールでスマッシュ!
タスポニー TASPONY

詳細は
日本タスポニー協会


1:テニス型のニュースポーツ
2:愛知県名古屋市で1981年に誕生。(財)名古屋YMCAの職員、山口栄三氏が米国製リハビリ用スポンジボールをスポーツに活用できないかと研究開発して考案した。結果、老若男女が楽しめるスポーツとして普及中だ
3:スポンジボールを手(手首より先)で打ってテニスのように楽しむスポーツ。8m×4.1mの長方形のテニスコートに、高さ70pの組み立てネットを挟んで片手を使って打ち合う。シングルス、ダブルス(ミックスダブルス)あり。サービス権があるときに得点となり、なければサーブ権が移動。1セットは9〜15ポイントで、3セットマッチ制
4:約6000人
5:2月15日(日)、岐阜県海津郡海津町の国営木曽三川公園内:長良川サービスセンターにて「タスポニーふれあいマッチ」を開催(午前10時〜午後4時まで)

狭い場所でも、ボールさえあれば誰でも気軽に楽しめるように考案されたスポーツ。高齢者などを対象に、レクリエーション色の強いシルバータスポニー(ダブルスのみ)もある。勝ち負けよりも、お互いにラリーを続けたくなるのはスポンジボールの魔力か!? 運動不足やストレス解消にもってこいだ。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★★★★☆
2調査リポート1:続きを読む