週刊!エキサイト Weekly エキサイト
2004/1/6 Vol.130
週刊!エキサイトTOPはこちら エキニュー総研 知っておきたいニュース 知らなくていいかもニュース マンガ
エキニュー総研 エキニュー総研スタッフ
今週のテーマ  ライバルが少なきゃ可能性あり!? 新しい年にビッグな夢を
マイナースポーツで"日本一"を目指せ!
2 調査リポート1: 日本一を目指せるかもしれないスポーツカタログ
1:分類(テニス型・バレーボール型・その他、など) 2:発祥地・歴史 3:簡単なルール説明 4:競技人口 5:これから行われる大会・イベント情報 6:現在ランキング1位の人/チーム名

>> チュックボール/キンボール/フィーエルヤッペン >GO
>> トリットボール/アジャタ/パンポン >GO
>> スポーツチャンバラ/スポーツ吹き矢/ユニカール
>> 雪合戦/クロッケー/タスポニー >GO
>> マウンテンボール/インディアカ/ラート >GO
>> ペタンク/ディスクゴルフ/スピードボール >GO

ご存知"チャンバラ"をスポーツ化!
スポーツチャンバラ SPORTS CHANBARA

詳細は
国際スポーツチャンバラ協会


1:格闘技(生涯スポーツ・レクリエーション)
2:「安全」を基調に、体育館で行う現代的なチャンバラごっこ『スポーツチャンバラ』として1971年、現会長の田邊哲人氏が横浜市で創始した。2年後の73年に「全日本護身道連盟」が発足、その後も発展を続け、現在の「国際スポーツチャンバラ協会」に
3:安全な用具(エアーソフト)により、相手の身体のどこを打っても有効となる。しかし、護身から発祥しているため、相打ちは負けとなる。つまり、打つことよりも、打たれないことを競う競技である。「短刀」「二刀流」など8つのカテゴリー(種目)に分かれ、基本的に3分1本勝負で戦う
4:世界で30万人
5:2月から各地で大会が開催
6:2003年度全日本チャンピオンは長谷部洋祐さん。世界チャンピオンは多田悟さん

かなりストレスが発散できそうな"スポチャン"。剣道とは違い、足を含めて身体のどこを打ってもいいので、動きはけっこう実戦的というか、動物的なしなやかさが求められる。打たれないで打つ、相打ちはともに負けという試合の様子は、まさに真剣での戦い、昔の武士の戦いを彷彿させるものだ。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★☆☆☆☆  

健康にだっていいんです!
スポーツ吹き矢 SPORTS FUKIYA

詳細は
日本スポーツ吹矢協会


1:その他
2:中国で気功を学んだ現協会長の青柳清氏の発願に賛同した医学博士林督元(まさゆき)氏、理学博士濱野吉秀氏らの提唱で、1998年4月1日に「日本スポーツ吹矢協会」が発足
3:的までの距離は6mから10m。3分間に5本の矢を吹き、これを1ラウンドとする。4ラウンドの合計点数で順位を決める。点数は、中心から半径3p以内が7点、6p以内が5点、3p以内が3点、それ以外は0点。競技クラスとして、現在は6mクラス、8mクラス、10mクラスがある
4:全国競技人口は4万5000人ほど。協会の会員は12月現在4550名
5:3月28日に有明スポーツセンターで「東京支部連合大会(仮称)」5月9日には夢の島総合体育館にて「第7回全国大会」を計画
6:2003年「第11回スポーツ吹矢フェスティバル秋季大会」個人戦10m部、男子・中村仁三さん、女子・鈴木典子さん。団体戦優勝チーム・藤沢古武士

吹き矢がスポーツになっているなんて知らなかった! コレは面白そう。身体に良い気功による呼吸法からスタートしているので、胸式・腹式呼吸による健康法が自然にできる点でお年寄りに人気となっている。もちろん、的に矢を命中させた時の爽快感はたまらない! ストレス解消にもピッタリなので、運動音痴の人にはオススメかも。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★★★★★  

シーズンオフにカーリングを楽しもう!
ユニカール UNICURL

詳細は
日本ユニカール協会


1:カーリングの陸上版
2:200年以上の歴史を持ち、冬季オリンピック種目でもあるカーリングをシーズンオフに屋内で手軽に楽しもうと、1979年にスウェーデンのヨーテポリ市で考案された。1986年に日本に紹介されて以来、ゆっくりだが着実に普及が進んでいる
3:カーリングで使う石の代わりにストーン(特殊合成樹脂製)を、氷の代わりに滑りやすい特殊なスライドカーペットを使用。1チーム3人、2チーム6人で試合を行う。ストーンを投げ終わった時点で、もっとも円の中心にストーンがあるチームが勝ちとなる。6ゲーム行い、その総得点を競う
4:5万人ほど
5:1月は大会の予定なし
6:広島県の「ぶーふーうー」チーム

ルールが簡単で誰にでも手軽にプレイできる反面、緻密な作戦とコントロール、そしてチームワークが要される奥の深いスポーツだ。体力はそれほど必要ないので、3世代の家族でチームを結成して大会に参加する例も珍しくないとか。氷上で行うカーリングとは違い、ブラシでゴシゴシと擦ることはないのが寂しいかも。

ミャー所長でも挑戦できる度 ★★★★☆  
2調査リポート1:続きを読む