週刊!エキサイト Weekly エキサイト
2003/9/2 Vol.113
週刊!エキサイトTOPはこちら エキニュー総研 知っておきたいニュース 知らなくていいかもニュース マンガ
エキニュー総研 エキニュー総研スタッフ
今週のテーマ  トリビアで楽しい毎日
2 調査リポート1: 担当プロデューサーが語る「トリビアの泉」の魅力

ヤエ研究員
ヤエ研究員
 
  いまや超人気番組に成長した「トリビアの泉」。とりあえずこの人に聞いてみなくちゃ!ということで番組プロデューサー宮道治朗さんに、「トリビアの泉」がここまでウケたその理由を聞いてみた。  
お話を伺ったのは・・・
フジテレビジョン 宮道治朗さん
(みやみち・じろう)
■AD時代に最初に担当したのは伝説の雑学バラエティ『なるほど!ザ・ワールド』。現在は『トリビアの泉』のほかにネプチューンの『力の限りゴーゴゴー!!』や、みのもんたの『ザ・ジャッジ!』などを担当。「記者会見のとき、シャレで"平成の『なるほど!ザ・ワールド』を目指します"とコメントしたら、本気で記事にされて恥ずかしかったです」と笑う、シャイなプロデューサー。
トリビアの泉とは
昨年秋に深夜放送枠で始まり、7月からゴールデンタイムに進出した人気バラエティ(毎水曜、フジテレビ系列で午後9・00放映)。 視聴者から投稿されたトリビアを品評委員が採点、「へぇ」と感銘するたびに手元のボタンを押し、その数を競うという仕組み。5人の品評会員は各自20へぇ〜を持ち、1へぇ〜に付き100円が投稿者に与えられる。全員が満点である20へぇ〜、合計100へぇが実現すると10万円の賞金が出るが、いまだ満点が出た実績はない。
★ 詳細は、 トリビアの泉公式ホームページ ← トリビアの投稿もこのサイトから!

ヤエ研究員 ゴールデン進出おめでとうございます!

宮道プロデューサー(以下宮道P) ありがとうございます。正直、深夜にひっそりとやっていたのでゴールデン進出という話が出たときは「本当にいいんだろうか」というキモチが強かったんです。でも編成の方に押していただいて…。

ヤエ研究員 それがいまやすごい視聴率ですよね。

宮道P たぶん我々が一番戸惑っていると思います。視聴者の方の期待を裏切らないようにしないといけないし、プレッシャーを感じてますね。

ヤエ研究員 ここまで番組がウケた要因は? 雑学の面白さって何でしょうか?

宮道P 個人的な感想なのですが、今のテレビって、ためになる情報が多いんですよ。見る側も健康番組なら健康を、グルメ番組ならグルメを、とあらかじめ自分が何を見たいか、はっきりと志向している人が多い。つまり雑誌やテレビが届けているのは需要がある情報ばかりなんです。
でも「トリビアの泉」は、無駄な知識であり、一見すると、需要がない情報ばかりを発信している。特に目的意識がなく、気楽にテレビに向かって、知りたいとも思っていないけれど、潜在的に知りたかった知識と突然出会う感動。それがヒットした原因ではないかと思っています。また、色々なジャンルの情報があるのも、面白がっていただけている要因ではないでしょうか。

ヤエ研究員
 そうですね。健康などの実用情報を取り扱う番組は本当に多いですものね。ところで、毎週、投稿数はどのくらいあるんですか?

宮道P 3万〜5万くらいですね。それを平均年齢28〜29歳の若いスタッフ20名でチェックして、8〜9個に絞っています。でも、同じようなネタ、真実でない情報が結構多いので、真実で取材がOKなトリビアというのは結構限られてくるんですよ。投稿数が多くてもネタは十分ある、とは言えない状況なので、面白いトリビアは常にお待ちしています。実は、スタッフ一同、番組当初から待ち続けているネタがあって、その決定的瞬間を映像に撮りたいと思っていますが、それが何かは言えません(笑)。

ヤエ研究員
 え〜!何だろう、気になるなぁ……。番組を作るにあたって工夫されている点はありますか?

宮道P ただ情報を流すだけではつまらないので、なるべく馬鹿馬鹿しい要素を加えるようにしています。例えば、「納豆の糸がどのくらい伸びるか」を実験するのに、室内で無風状態を作るためにわざわざ武道館を借りたり。

ヤエ研究員 なるほど、あの面白さは、投稿されるネタがユニークなだけじゃなくて、映像化する際の演出の技も高いから、どんどん引き込まれていくんでしょうねえ。ところで、ずばり採用されるネタの条件は何ですか?

宮道P そうですねえ、あまり上からものを言うようなことはしたくないんですが…。



でも、少しだけ聞いちゃいました。さて、採用されやすいトリビアの情報は調査リポート2へ!
3調査リポート2:採用されるネタ、これが傾向と対策だ!