愛知万博特集
三重講座

三重講座 <ディープグルメ編>

天むす
のりの巻き方は美智子さまがショールをかけた姿をイメージしたという。

三重の中心で「天むすの発祥地はここだ!」と叫ぶ
名古屋グルメが脚光を浴びている今だからこそ、声を大にして言わせていただきます。「天むすは名古屋の食べ物じゃない! 三重県が元祖だ! 三重県が発祥の地だ!」と。おむすびにエビの天ぷらを入れるという斬新な試みがなされたのは、およそ50年前。その頃は天ぷら定食のお店だった「千寿」で、忙しい昼食時のまかない食として作ったものが、たちまち評判を呼んだのだとか。今は天むす専門店として、目が回るような忙しさ。天むすといえばキャラブキが欠かせませんが、その組み合わせもこの店が元祖です。
世間ではすっかり名古屋の食べ物と思われちゃってますけど……と聞くと、「まあ、いいんじゃないでしょうか。ウチはウチなりに、精いっぱいおいしい天むすを作るだけです」と、人気の高さに裏打ちされた余裕のお答え。ああ、これぞ三重県人の心意気! でも、私は機会あるごとに訴えていきたいと思います。「天むすは三重県が元祖なんだ!」と。

もっとディープに!
やや塩味を強めにしたご飯とエビのハーモニーが絶品。もちろん握り立てもおいしいですが、行楽に行くときなどには、電話で「○個お願いします」と予約して取りに行き、それを持参すればメンバーの賞賛を集めること間違いなし。天ぷらの油がご飯となじんだ頃に食べると、天むすの実力をさらに強烈に思い知らされるでしょう。

DATA
※2005年4月30日取材時のデータとなります。
天むす 千寿
TEL 059-228-6798
営業時間 10:00〜17:30 月曜、第三火曜
住所 津市大門907
料金 天むすセット 672円(昼) 一個120円
 

いちご大福

おもちがもやもやとやわらかく、イチゴが溢れるほど大きいのです

三重の中心で「いちご大福の発祥地はここだ!」と叫ぶ
同じような見出しですいません。三重県の真ん中に位置し県庁所在地でもある津市の中心あたり、さっきの天むすの元祖の「千寿」から徒歩2,3分のところに、なんといちご大福の発祥地もあるのです。その名も「とらや本家」。1986(昭和61)年に、職人さんが休憩時間に、たまたまいちごと大福をいっしょに食べたところ「こりゃおいしい!」ということで誕生したとか。いちごの大きさといい甘さといい、もちろん大福の皮や白あんとのハーモニーといい、元祖の貫禄を感じずにはいられません。
いやまあ、とらや本店さん以外に、東京や滋賀や群馬や岡山にも「ウチがいちご大福の元祖」と主張している店があるのは、十分に承知しております。どこが本当の元祖かは調べようがないし、それぞれ言い分もおありでしょう。まあ、そんなことはいいじゃないですか。とらや本家さんに来たときは、とりあえず「おお、これが元祖か」とありがたがってかぶりつくのが、三重グルメを三重っぽく味わうための正しい態度です。

もっとディープに!
残念ながら、いちご大福は11月〜5月頃までの期間限定。でも、気を落とすことはありません。季節ごとに、パイン大福や栗大福など、いろんな大福が作られています。ちょくちょく通って、季節モノの全種類制覇を目指しましょう。

DATA
※2005年4月30日取材時のデータとなります。
とらや本家
TEL 059-228-4802
営業時間 9時00分〜18時30分、月曜休
住所 三重県津市大門5−8
料金 いちご大福6個入り 1155円
 

鮎の甘露煮

これがお店でしかいただけない釜揚げ甘露煮

ピンとはねた尻尾から清流のせせらぎが聞こえる
何を隠そう三重県は、清流にも恵まれています。櫛田川沿いの多気町相可は、鮎の甘露煮が名物。お中元やお歳暮にもピッタリで、贈られたほうは嬉しくてピチピチ跳ね回らずにはいられません。
もともと鮎専門の料亭だけあって、どことなく気品が感じられる味付けで地元の熱い支持を受けているのが「みなとや」です。新鮮な鮎を地元の銘酒と本だまりで薄味に仕上げ、泳いでいるような尻尾がはねた形で真空パック。「食べながら清流を思い浮かべていただけたら嬉しいですね」と、ご主人の内田俊哉さんは言います。  
甘露煮は、普通の鮎のほか、子持ち鮎、若鮎の3種類。成長した鮎は身がしまっていて、若鮎は骨が柔らかいのが特徴です。ぜひ食べ比べてみましょう。地元の小学校では、給食で鮎の甘露煮がお目見えします。小学生たちは、鮎のおいしさを思い知りつつ、「きれいな川を守っていかなければ!」という決意を胸に秘めるに違いありません。うらやましいぞ!

もっとディープに!
一度は味わってみたいのが、「釜揚げ」と呼ばれるパックする前のゆでたての甘露煮。お店を訪れて、しかもタイミングが合わないと遭遇できません。口当たりのまろやかさといい味の深みといい、まさに絶品です。取材中も、近所の人がお皿を持って「あるかなぁ?」とのぞきに来てらっしゃいました。

DATA
※2005年4月30日取材時のデータとなります。
みなとや
TEL 0598-38-2007
営業時間 10時30分〜17時、木曜休
住所 三重県多気郡多気町大字相可179
料金 鮎の甘露煮 単品 430円〜
 

関連講座&フォトギャラリー
  • ディープスポット編
  • もっと丸ミエ! 三重の立ち寄りスポットNew!
    もっと丸ミエ! 三重の立ち寄りスポット まだまだ行きたい! おすすめスポットの追加です!
    夫婦岩
    おかげ横丁&おはらい町
    ミキモト真珠島
    (おまけ)お土産ガイド
    三重こぼれ話「三重の不思議」New!
    三重こぼれ話「三重の不思議」 一年中しめ縄をはずさない? 亀と出会うとお酒を飲ませる? ローカル夕刊紙がある? 講座からはこぼれたけれどやっぱり不思議な三重の魅力を探ってみます。
    >>GO!
    すべてのコンテンツを読破したら
    「三重力検定」 New!
    さて、ついにこの連載も最終回。この講座でどれだけ「三重力」をつけられたか、テストで判定します!
    三重力検定
    ディープ編
    いよいよ、ちょっと上級者向け三重ガイド。
    ディープグルメ編
    え? お寿司じゃなくあの名物が回っている?
    ディープスポット編
    地元の人もなかなか行かない場所も!
    まずはチェック! 三重満喫力診断
    簡単な質問に答えて、あなたにぴったりの三重のスポット&グルメを診断します。どこから見ていいかわからない人はまずはクリック!
    メジャーグルメ一覧
    メジャーグルメ 伊勢うどん
    松阪牛
    海の幸
    赤福
    ベビースターラーメン
    メジャースポット一覧
    メジャースポット一 伊勢神宮
    志摩半島
    鳥羽水族館
    鈴鹿サーキット
    熊野古道
    三重講座フォトギャラリー
    三重講座フォトギャラリー 特集にピックアップできなかった写真や、特集では大きく扱えなかった写真ものをギャラリー化。
    コメントやトラックバックも受け付けます!
    >>GO!
    地図から探すグルメ&スポット
    今回取材したすべてのスポットを地図から探せます。
    地図から探すグルメ&スポット
    アクセスガイド
    アクセスガイド
    愛知万博で名古屋入りした人のためのアクセスガイド
    三重県の天気・地図等
    三重県の地図
    三重県の天気
    三重県のニュース