愛知万博特集
万博コネタ

愛知万博コネタ

ゲテ好きは必食!?オーストラリア館のワニロール
オーストラリア館では、体長12メートルもある巨大カモノハシに度胆を抜かされた私。約6万5千年も前からまったく姿を変えずに生きているというのにはさらにビックリ!
しか〜し、オーストラリア館には、まだまだ驚くべきことが待ち構えていたのだ。すべての展示を見終えると、出口にこじんまりしたカフェがある。ここでなんと、ワニの尻尾をフライにしパンにはさんだ「ワニロール」なるメニューを発見!

特におすすめポスターなどが出ているワケではないので、メニューによ〜く目を凝らして見てほしい。 スタッフは全員気のいいオーストラリア人の若い男女で、「あの〜ワニロールひとつください」と注文すると「ハ〜イ、ワニロールネ〜、チョトマテネ〜」。待つこと数分間ののち、「オマタセ〜」とでてきたのは…。
こちらは巨大カモノハシの前にいた、かわいいプチサイズのカモちゃん。
最初に恐る恐るワニフライのみ指でつまんで食べてみたが、まったくクセが なくやわらかでおいし〜い! 鶏肉に近い淡白さで、これならどんどんイケそうだ。野菜もたっぷりはさんであって、ヘルシーでカラダにもよさそうな感じ。

ワニロールと一緒に頼んだillyのコーヒーも絶品で、味がいいのを知っているのかカフェのみを利用している人も目についた。 ちなみにこのカフェはテイクアウト専門なので、館の前にあるテーブルで立って食べるほか、自然がいっぱいのエリアまで持参してピクニック気分で食べるのもいい。

このほか、ハンバーガーやフィッシュ&フライなどのメニューも実においしそうだった。リッチな人にはロブスターの切り身が入った「ロブスター弁当」もおすすめ(お値段は2,500円)。実はもうひとつ、気になっていたのが「カモちゃん弁当」なるメニュー。まさか、カモノハシの肉が入っているわけではないと思うが…。これから行く人はぜひカモちゃん弁当にもトライして、中身を確認してみてください。 (野崎泉、2005年05月06日)

■関連サイト
オーストラリア館 | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

【 P R 】
【ANA】愛・地球博早割21
愛知万博を10倍楽しむための
「宿泊・交通情報」
愛知万博へはどうやって行けばいいのか、どんな交通手段があるのか? 近辺の宿泊施設は? 入場料は? チケットの購入方法は? 知っておきたい周辺情報をご案内します
万博関連サイト

FM LOVEARTH -- Official Blog --
名古屋のコネタを徹底紹介!
「ExciteBit発!名古屋コネタ集」
フォトジェニックな給水塔、アラレちゃんゆかりの味噌カツ店、DVDまで発売されてブレイクのローカル番組、レトロな銭湯など、名古屋のコネタを集めてみました。
本から「万博」の真相に迫ります!
ニュースな本棚
「ウラとオモテの万博ガイド」
なぜ人は「万博」と聞いただけで、こんなお祭り騒ぎをしてしまうのか? そもそも「万博」ってなに? そんな素朴な疑問を本から迫ってみました。
便利ツール
  • 愛知県の天気
  • 乗り換え案内
  • 愛知県の地図
  • 東海地区の宿泊検索
  • 国内航空券予約

  • 愛知万博特集トップへ戻る